マヂソンの論文集

マヂソンの論文集です。

スポ根要素があって、感動みが深い、そんな教育番組があると聞いて・・・(1)

その名も、アイドルカツドウ!、略して「アイカツ!」

 

今日はとりあえず、ぼくが『アイカツ!』に出会った話でもします。

 

12月のLV、横浜VRシアター

→2月の武道館ライブ(day1,day2)

を見た。

※ちなみに、乞食なのでチケットは親友持ち

 

当時のぼくは、シンデレラガールズしか知らなかったオタク。

 

アイカツの歌唱担当たる概念を理解するには、

「May'nと遠藤綾みたいなもん!w」的なフィーリング。

 

思い返せば、imas_cg_4thライブのときも。

とりあえずチケット当選したけど、綾瀬穂乃香しか知らないわけで。

Try castel story を見終わって、3ヶ月後ぐらいにデレアニを一気見。

 

「ああ^~あの曲で(UO炊き炊きの

キャンプファイヤー(お察しの語彙力)だったのは、これなんじゃ^~」

自分の場合は、とりあえずライブからのアニメを見るパターン。

 

アニメを見返してはじめてわかるのは、

「ああ、この曲で会場が感動しているのは、このシーンを回想したからなんだっていうこと。

少なくとも会場にいるプロデューサーは、そんな感じ。

 

武道館ライブもそんな感じ。

知っている曲は、ぼんぼやー、チュチュ・バレリーナ、サンキャッチャー。その程度のオタキ。

 

そんなこんなでライブを見終わったぼくは。

3月の中旬に何を思ったのか。あにてれに会員登録をし始め。

アイカツ!』を見始めたのであった。