むらにーの論文集

むらにーの論文集です。

『PRIMAL×HEARTS2』論評

 『PRIMAL×HEARTS2』が10月30日に無事発売されて何よりです。関係各位には祝福のコメントを述べさせていただきたいところです。


 現段階での、共通ルートにおける評価を以って祝辞の言葉と代えさせていただきます。


 以下、自己責任で。

単なる自己満足のオナニー文、トイレの、チラシの裏の落書き程度だと流していただければ。




 本作品は、選挙論をモチーフにしたイチャラブな擬似的抜きゲーだ。PRIMAL×HEARTS2』の名の示す通り、恋はどこから始まるのかを描くことが前作同様テーマだったように思われる。好評であった前作よりも評価が下がるのではないだろうかという憶測もあったが、現段階では未確定だ。

 そこで今回は、共通ルートで表現された現代政治の包摂を試みを解釈する。まず留意しておきたいのが、私自身が持つプラハ2(以外、PRIMAL×HEARTS2』をプラハ2と略記する)のイメージは、現実的な二大政党制ではなく、むしろ多極共存デモクラシーに近いものだと理解している。即ち、行政府は単独ではなく政治エリートの協議によって担われているという事実への着目だ。

 今作の開始時点は、部活の組織票によって固定された選挙をどのように解決するか、という問題を解決するところから始まる。これは派閥政治に近いかもしれない。その既得権益層を解体するのが、アウトサイダーたる主人公だ(このように書くと、吉田先生の「ポピュリズム論」に近いが、私の意図するべきところはそこではない)。結果として、その試みは成功される。ここにおける論点は2つだ。


 ①属するものによって意見を固定されえなくなったとき

 ②解体のされ方


 私にとってより興味深いテーマが前者だ。所属する部活によって自身の票が固定されえなくなったとき、ある意味で本当に自身の意思で選好の表明が可能になったときである。これは主人公あるいは生徒会サイドが最も望んでいた、一種の理想論だ。

 これはジョック・ヤングの社会的紐帯の崩壊から、ウルリッヒ・ベックのリスク論までを大まかに捉えたものといってよい(このような場合、前作で見られた水着や体育着といった理由で、首尾一貫しないころころと変容可能な意思を持つ、ステレオタイプな大衆が産み出されることを警鐘する)。

 ただし、先ほども述べたが政治エリートが主体的に解決するイメージならばなんら問題ない。むしろ私が評価するべきところは、このような再帰的近代化を迎える一定の流れを、エロゲーの中で再現されたところにある。つまり、自身の選好は社会的階層や派閥に固定されるだけでなくグローバル化を迎えた今日において常に変容可能な選好であること、また常にあらゆるものが再検討性に晒されていること、その点だ。

 後者の論点だが、派閥の解体のされ方は大まかに二つある。小泉型ポピュリズムと、プーチンポピュリズムだ。前者が、共同体内部に敵(のレッテルを貼ること)を産み出し、今までの派閥ではない異なる亀裂によってグループの再編成が行われる。しかし後者は、共同体外部に敵を生み出すことで、むしろ共同体そのものの団結力を生み出す。そのようにして部活の対立を宥めたことはプレイ済みの諸兄らには自明だと思われる。